調味料の使い方

  • TOP
  • 調味料の使い方

モーイ・チャン・オット(赤)

モーイ・チャン・オット(赤)

モーイ・チャン・オット(赤)は赤トウガラシがベースのソースです。
刺激的な辛みが魅力の調味料となっております。

モーイ・チャン・オット(赤)の合う料理

モーイ・チャン・オット(赤)の合う料理
蒸し鶏につけて食べると美味しいです。
モーイ・チャン・オット(赤)の合う料理
エビなどのシーフードにもよく合います。

モーイ・チャン・オット(緑)

モーイ・チャン・オット(緑)

モーイ・チャン・オット(緑)は青唐辛子のソースです。
ベトナムでは日本でいうマヨネーズのような使い方がポピュラーな一品です。
とろみが強いのも特徴の一つで甘みと酸味のバランスがよく、現地では焼肉のタレ代わりに使用する方もおられます。

モーイ・チャン・オット(緑)の合う料理

モーイ・チャン・オット(緑)の合う料理
蒸し鶏につけて食べると美味しいです。
モーイ・チャン・オット(緑)の合う料理
エビなどのシーフードにもよく合います。

シュリンプソルト

シュリンプソルト

シュリンプソルトはその名の通りエビがベースとなっている塩です。
ベトナムでは果物(リンゴやナシ)やキュウリ、エビ(シーフード全般)につけて食べると甘さが引き立ちます。

マムトム(エビの塩辛ソース)

マムトム(エビの塩辛ソース)

マムトムは日本でいうところの塩辛のような調味料です。
ベトナムでは大変ポピュラーですが、独特の風味で癖が強く、好みの分かれる部分になります。
豆腐(厚揚げ)やパクチー、エビ(シーフード)につけて食べるのが一般的です。

トゥオンオット(ベトナム版チリソース)

トゥオンオット(ベトナム版チリソース)

サンドイッチに挟んだり、フォー等の味の追加で使う、日本で使うところの『ケチャップ』のような立ち位置の調味料です。
見た目ほど辛くないのも特徴です。