アジア調味料のこだわり

  • TOP
  • アジア調味料のこだわり

ベトナムの調味料 モイ チャン オット(青唐辛子のソース)との出会い

モイ チャン オット(青唐辛子のソース)

このソースと出逢ったのが、僕が一年前。
ベトナムでの飲食店を出店させる為に日本からベトナムへ移り住んでいた時のこと。

どの店に入っても美味しいベトナム料理。
そして、どの店にもどんな食材にも合う謎の緑のソース。少しピリ辛で甘さと酸味のバランスが絶妙。(もう少し辛い赤唐辛子のソースもあります)
海老や焼肉や野菜どの食材にも万能の様に合う。僕は知らず知らずのうちにモイチャン オットの虜になりました。

このソースを日本に持ち帰り色んな食材と合わせてみたい。
その気持ちから日本でこのモイチャンオットを販売する事になりました。

僕が味わったベトナムの青唐辛子のソース。是非皆様にもお届けしたい。
ベトナム料理には勿論、焼肉、海老、しゃぶしゃぶのつけダレなど・・・

様々な日本の料理を一瞬にしてエキゾチックかつ体験した事のない美味しさに出会える事、請け合いです。
モイ チャン オットを是非一度お試し下さい。

ベトナム料理は日本人に合う料理なのです

ベトナム料理は日本人に合う料理なのです

ベトナム料理と言えば「フォー」を思い浮かべる方も多いと思います。
フォーや生春巻き等の料理が有名ですが、ベトナム料理は日本人の口に合う料理なのです。

その理由は調味料にあります。
ベトナムは日本と同じく「お米を箸で食べる国」です。
その味つけは「お醤油」ベースとなります。
つまり、ベトナムには日本人に合う調味料が数多く存在するのです。

日本にない味との出会い

日本にない味との出会い

ベトナムの調味料は食材につけて使用するタイプのものが多くあります。
肉料理、シーフードはもちろん、フルーツにつけて使用するものなど様々です。
普段の日本食では出会わないような組み合わせができる部分はベトナムの調味料の魅力の一つと言えるでしょう。

魅力的な調味料の数々を是非ご家庭でお試しください。
日々の料理のアクセントに、普段とは違った風味に。
料理の幅が広がります。

調味料の購入はこちら